マリーナベイサンズカジノの遊び方

スロットもルーレットもバカラも!

エンパイアカジノなら本場のカジノの雰囲気が味わえる!

カジノに行く前にオンラインで練習

カジノ内では簡単な英語がわかれば問題ない

マリーナベイサンズはホテル・デパート・カジノ等が入っている複合施設で、最近のシンガポールでは欠かせない観光スポットになっています。

 

そんな中でも、カジノに関しては海外からの旅行者はパスポートを提示したら無料で入場できる為気軽に入れる人気スポットです。

 

ですが、旅行者の中にはカジノ内でうまくディーラーとコミュニケーションが取れるか言語の問題を心配する方もいるでしょう。

 

しかしながら従業員・ディーラー共に英語を話す事ができるので、簡単な英語が使えれば問題ありません。

 

ブラックジャック等のテーブルゲームでも英単語さえ言えればベットできます。

 

ただ、実際にはシンガポールは中華系の方々が人口の殆どを占めており、中国からの富裕層の来場者も多いため、中国語が飛び交っている事は事実です。

 

また、カジノ内で働いている方々はほとんど中華系の人種です。

 

なので、ディーラーが発する以下の英語がわかれば、問題ないでしょう。

 

Bet Please ・・・賭けてください。

 

No more bet ・・・これから先は賭けれません。

 

 

中国語ができなくても大丈夫マカオカジノ

日本ではカジノが違法のため、多くの方は有名なラスベガスや近い国のため生きやすい韓国に行って楽しむ日本人が多くおり、最近人気なのがマカオのカジノです。

 

マカオは中国領土のため、公用語は中国語となりますが中国語が出来なくても騙されたり、危険な思いをしたり、カジノができないという事は無く、世界中からの観光客を相手にしている国のため簡単なプレイに必要な日本語なら通じる場合もありますし、英語が少し出来れば全く問題なくプレイする事ができます。

 

経験者なら困る事なくラスベガスなどでのカジノと何ら変わることがなく、特殊なルールもありません。

 

マカオでは18歳以上の方がプレイする事ができ、香港ドルに両替してくとスムーズな事が多いです。

 

食事もすませる事が可能で、日本語メニューを頼むと用意してくれるところも多く、比較的安く、世界中の国の人に合わせているため中華料理特有の辛みを抑えていたり、油っこくなく食べやすい料理を用意している店舗が多いです。

マカオのカジノで通用する言語

マカオのカジノは、そこで用いられている言語は様々です。カジノによって、使用言語が異なってくるからです。

 

基本的に大部分の所では、中国語が通じます。

 

というのもマカオという国は、そもそも中国語が公用語になっています。このためその国にあるその施設では、中国語は通用する訳です。

 

それと中国の南部では、広東語が用いられています。それは中国語の方言に相当するのですが、それも多くのカジノにて通用する言語の1つです。

 

また中国語だけでなく、ほとんどの所では英語も通用します。

 

つまりたいていの所では、英語と中国語が通用するという事になります。

 

では日本語は通用しないかと言うと、そうではありません。

 

と言うのもその国にあるカジノによっては、日本語を話せるスタッフが常駐してくれている事があります。そこならば、日本語は通用します。

 

このため大部分のマカオのカジノでは英語と中国語が通用して、中には日本語が通用する所もある状況です。